読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分研究会

一日の振り返りと課題を探す

未来年表作成スタートと一流の思考

先日ログミーで読んだ記事の中で、福山敦士さんという方が「未来年表」についてお話されていたので、さっそく作ってみた。

 

なかなか時間のかかる作業だと思ったがそれ以上に感じたことが一つ。

 

「自分にはあまり時間がない」ということ。

 

現在奨学金が約500万円ある。

それを完済して、貯金もして結婚もしようと考えるとだらだらしている時間なんて少しもないということに気付いた、気づかされた。

 

ちょっと遅いかもしれないけど、このタイミングで未来年表に出会えてよかったと思う。

 

未来年表を作成しても修正を重ねながらだ書きこんでいくことになると思うので、完成することはないかもしれないが、良い基準にはなる。

 

そして、未来年表を書いているときに思ったことがもう一つ。

それは、「まず決める」ということ。

自分がどんな未来を描いているのかどんな人生を歩んで生きたいのか。

それを決めることからすべてが始まるんだなと気づかされました。

現時点で自分がやりたいこと。

 

簡潔にいうと...

・お金持ちになること

・独立すること

・結婚すること

 

そのための手段として...

・自分のメディアを持つ

・お金が発生する仕組みを作る

 

具体的には...

・メディアを持つ

・洋服のオンラインショップを作る

 

なぜそれをするのか...

・洋服がすきだから

・自分と同じような境遇の人の助けになりたい

 

 

整理するとこんな感じかな。

 

===メモ===

 

メディア

⇒未来年表を簡単に作成できるもの

⇒それのサポート

 

オンラインショップ

⇒日本のブランドを世界に発信するサイト

 

身につけるびき技術

・プログラミング

・英語

 

仕事と並行しながら上記のことをやっていく!

俺には時間がない。

 

 

■一流の思考について

 

試合が終わってもそのあと必ずトレーニングを欠かさない。

なぜなら常に先を見越しているから、未来で結果を出すためには必要だから。

疲れたから休むというのは、3流の考え方。